パソコンの使い過ぎとエアコンの風による乾燥で、目の調子が悪いです。目の周りをマッサージしたり、休憩のときには目を閉じて休めてみるのですが、いっこうに楽になりません。
眼科へいって目薬でも貰うのが一番いいのでしょうけど、そんな時間はありません。急場しのぎでドラッグストアで目薬を買ってきました。
目薬にも色々な種類があって、どれが良いのかさっぱりわかりません。高いものは200円位するし、安いものは200円程度で売っています。とりあえず安い目薬を買ってきて差しています。安いだけにちょっと不安ではありましたが、お財布に優しいというのは、大きなポイントです。
ちなみに成分はと言うと、ビタミンB12と、あとは酢酸○○、△△硫酸塩など、聞いたことのない難しい成分が入っています。どんな効果があるのかはさっぱりわかりませんが、目薬を入れた後はちょっとスッキリします。
成分が効いているのか、目薬を入れることで目が冷やされてクールダウンして楽になっているのかは不明ですけど、安い目薬でもちゃんと効き目はあるなって、安心しました。
時間ができたら眼科に行って、それからブルーライトをカットする眼鏡の購入も検討してみようと思います。いつまでも目薬で誤魔化すのも嫌ですからね。

あるいはルテインが入ったサプリを飲んでみるのもいいかなと思っています。

趣味から仕事までパソコンの前にいることの多い私にとって、疲れ目や眼精疲労は日常茶飯事です。目のピントはずれるし、ギラギラして痛いし、終いには肩こりまでも。最初のうちは疲れ目用の目薬で対策が取れていたのですが、耐性ができてしまったのかすぐに効かなくなりました。医者でもらった目薬を使っていますが、やはりギラギラとしてしまうのは嫌です。そんな時に同僚から聞いた話が、温めたタオル(ちょっと熱いもの)を目の上に置いて暫く休ませることでした。
やってみると効果は確かにありましたが、一時的なものなのでどうにもなりません。さらに言うと会社にタオル持参して目の上に置いて一休みなんてのは多分通らないわがままです。どうにもこうにも対策がうまくいかず、これは一生付き合うしかないのかと覚悟を決めました。となれば、「解消が無理なら削減を」というのが常道です。
目をつけたのは眼鏡でした。このアイディアのきっかけは某格安メガネ店で見かけたパソコン用眼鏡で、パソコンなど電子機器から発せられる青い光を軽減してくれるということでした。値段もほかの商品と大して変わらないので早速作りました。
効果としては満足とはいかないもののなかなか良いものでした。
正直言ってパソコン必須な今の時代、疲れ目とサヨナラするのは多分無理だと思います。どうすればいいのかは人それぞれアイディアがあるかもしれませんが、私として提案するならばパソコン用眼鏡を作ることです。