パソコン画面を長時間見ていると、目がしょぼしょぼしてきます。

今の時期は、暖房を付けながらパソコンをやっていますので、すぐに目が痛くなります。

乾燥すると、症状が出やすくなります。

 

眼精疲労の原因になるのは、テレビの見すぎ、パソコンや携帯のやりすぎです。この3つからは、ブルーライトという目を疲れさせて眼精疲労を起こしやすい光が常にでています。

この光は、紫外線よりも強力で、力ずくで目に侵入してきます。

ブルーライトによる目の疲れを防ぐことを目的としたパソコン用のめがねが発売されています。

 

私は、使ったことがありませんが長時間パソコンと向き合う仕事をしているので、買う必要があると考えています。

目の疲れの症状は厄介だなって思います。

目は充血して、痛くなってきます。そうなると、目薬をさして目を潤しています。

 

もっとひどくなると、頭痛がしたり、食欲がなくなってきます。横になって目を休ませても痛い場合がほとんどで、頭痛薬のお世話になっています。

 

ケロリン錠というお薬を飲んで1時間横になると、次第によくなっています。他にも目の疲れから、お腹が痛くなったりします。

何か良くない物を食べたわけじゃないのにと思い返してみると、だいたい目が疲れているときです。目の疲れっていろんな症状を引き起こして怖いと思いました。